風俗遊びの極意を伝授

風俗もエスカレートが進む

みなさんは、ムラムラする時がありませんか?女の子とやらしいことがしたいけれど、彼女がいない…。私もです。そこで、ここ数年は風俗でそのもやもやをスッキリとさせています。もはや、これは釣りとか、買い物とか、ドライブだとかと一緒で、僕の趣味の一つと言ってもいいでしょう。その趣味も最近ではどんどんとエスカレートしていき、以前はヘルスとか、ピンサロだとかそういった直接的な触れ合いを感じられる肉欲的なお店に通っていましたが、最近ではオナクラにはまっています。オナクラとはその名の通り、女の子に自分で慰めているところを見てもらうのです。女の子とやらしいことをしたくて通い始めた風速でしたが、今となっては女の子に触れないで、その性欲を処理しているのだから、人間って不思議だなと思いました(笑)この間もオナクラにいって、自分のとてもタイプの子がいました。この子に触りたいなあと思うのは当たり前ですが、触れないで自分で慰めていく行為もそれはそれで快楽の一つを感じることができました。

風俗でオナクラに佇む

最近は風俗に行かないで、パソコンと向きあってシコシコとやっている人たちがいるみたいですね。ライブチャットとか言って?無機質なグラビアを見つめるだけでも不思議と言えば不思議なのですが、そんなものは本来の性欲との正しい向きあい方ではないと思うのです。そんなバーチャルではなく、もっとリアリティーを求めていくべきです。やっぱりやらしいことは実物でしていきたい!と言うことで見つけたものがオナクラです。ムラムラする気持ちと直接的に向きあったものの、オナクラって直接じゃない(笑)女の子と間接的に、男性は性欲を解消されていくんですね。でも、この快感が忘れられない刺激なのです。直接的でなくても、この体験は私とこの目の前にいる女の子との共有体験をしているという気持ちができる貴重なことだと思うのです。オナクラは女の子にしてもらう場所ではありませんが、直接的でなくてもこんなにも気持ちがいい。本当に、私達の性欲ってなんなのでしょうか。

風俗はどのような場所?

風俗は体験しなければやっぱり判らないものですね。日本に根付いている文化と言われるほどに大きな産業らしいです。男性は積極的にモチベーションを持って性の快楽を外で発散しているのですね。セクキャバってものを知ったのは最近のこと。キャバクラならば知っていたけれど、セクキャバって女の子に触ったり、キスをしたり、ちょっとハッスルタイムがあったり…やっぱり女の子と話に行くのならば、そのままちょっとくらい触りたいという男の気持ちを消化してくれる素敵なお店ですね。この間、初めて先輩にのみに連れて行かれたついでにセクキャバへ行ってきました。僕についてくれたのは、とてもちょっとギャルっぽくて、ぽっちゃり系な女の子。これがキャバクラだったら、もうちょっとスレンダーな子の方がテンションあがるなあと思っていたけど、この子に触れると思うとむしろぽっちゃりの方が興奮するのだから不思議なものですね。お待ちかねのハッスルタイムで、はちきれんばかりにもみしだいてあげました。

自宅へ風俗嬢を呼ぶ

女の子に触れたいとき、お金でそれが解決できる風俗は本当に重宝してくれます。女の子と直接的に向きあうことによって、私の男性たるゆえんがより、大きく形成されているような感覚に陥っていくのです。私は、今、自宅へデリヘル嬢を呼ぶのにはまっています。自宅というのがポイントです。待ち合わせ型デリヘルと言うものも体験をしましたが、待合室型と言うものも、私達が、ちょっと恋人同士のような雰囲気を作るのが売りらしいですね。確かに待ち合わせでも恋人同士の雰囲気を持つことは出来ないではありませんが、自宅へデリヘル嬢を呼ぶことの方がもっともっとテンションが上がります。女の子が本当に自宅へ来ると言うことは、興奮することです。まるで、恋人を部屋へ迎え入れるような感覚は学生時代にできなかったことを取り戻せるような感じがして、たまりません。一人暮らしが良かったと思える瞬間ですよね。いつもは一人であびているシャワーを、女の子があびている。このベッドに女性が一緒に入ってくれるだけでこんなにも興奮することはありませんよ。